スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍵十字

ナリンという地方に住むMちゃんから先日送ってもらった写真。
P1040473.jpg
木がハーケンクロイツの形に植わっています。

第二次大戦後、捕虜として連れてこられていたドイツ人が植えたものだそう。
彼らが引き揚げてから何年も経って、木が成長してはじめて彼らの意図が判明したということです。
「ナチス万歳!」というより、「ドイツ人ここにあり!」という証を残したかったのでしょう。
それにしても、ちょっと粋なことをしたものだと感心。

憎きナチスのマーク、普通だったら発覚次第「切り倒してしまえ!」となったところでしょうが、
そのままになっているところ、キルギス人がのんびりしているのか、何というか。
いまどき、こんなに堂々と鍵十字が見られる場所も稀かと思います。
観光名所として有望な気がしますが。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。