スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロサワとキルギス

大阪のミニシアター、シネ・ヌーボーで、
大変珍しいことにソビエト~ロシアの映画をシリーズで上演中。
その中のひとつ、「灰色の狼」。
監督はキルギスが誇る鬼才、トロムシ・オケーエフ。世界的な映画賞も受賞しています。
この人の娘さんが ビシュケクの配属先にいて、彼女から色々話を聞いていたのと、
劣化する一方のロシア語に渇を入れようと見に行きました。

70年代に制作された映画ですが、描かれた自然と人間の相克というテーマは今も通じるものですね。
これに出ていた俳優さん
eiga1.jpg
若い頃の三船敏郎みたいで、黒澤監督好みだなと思っていたら、デルス・ウザーラにも出演していたんですね。
黒澤監督は生前、日本人の俳優は軟弱になりすぎていいるので、今度武将の映画を撮るならキルギス人俳優を使いたいと語っていらしたそうです。
馬にも乗れるし、日本人に似ているけど長身でずっと精悍な顔立ちだし、わかるような気がします。

キルギス人が演じる武田信玄や源義経。
想像したら面白い。
問題は日本語か?
スポンサーサイト

Comment

こんな感じ?

むかし「スワロウテイル」って映画で、江口洋介が多国語ちゃんぽんの役をやってました。

http://www.youtube.com/watch?v=NwkEzaAjIP4

三ヶ国語がいり混じって、わりといい感じでした。

Re: こんな感じ?

まさきよさん

スワロウテイル、懐かしいですね。
無国籍さが醸し出す混沌とした世界に
ハマります。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。